大幅に税収の減る時代に

今後の日本を予測すると、またアメリカに金融関係でごっそり日本の国民の財産をもって行かれる恐れがありそうですね。
アメリカが狙うのは日本の国民の資産、郵貯とファンドを利用して運用している厚生年金などの金融資産を新たな手法でごっそり持っていかれそうな気がして非常に怖い気が致します。
国民の資産は不況で目減りして、いつまでも1400兆円の金融資産があるわけではないのに、経済学者も金融機関も政治家も役人まで世界に大きな声で日本は金を持っているとほらを吹いているのですから、大ボケ、まるでアホ丸出しとしか言えません。
金持ちやと周囲に言いふらしていると寄ってくるのは詐欺師、泥棒、  強盗、税務署(^。^)
普通そんなあほなこと言いふらすお人よしはいないでしょ?
こんなあほな国民なら適当にだまして全部資産を巻き上げてやろうと虎視眈々と狙う外資系の金融機関、もしくはアメリカ政府、非常に財務面で優秀な人材を抱えてもう一度日本をバブルの時のように躍らせてしこたま資金を巻きあげようとたくらんでいそうです。
アメリカの債務を減らすには、お人よしで金持ちの日本人から資産をまき上げるのが一番手っ取り早いと思いませんか。
彼らに非常に強い交渉力やありとあらゆる金融システムを組まれ、日本をターゲットに定められたら今の日本の日銀をはじめとする金融機関、証券業界、政治家、公務員の力ではとても太刀打ち出来そうに思えません。
日本は丸裸に、国家の財政破綻、税収も無くなり、公務員の皆さんもギリシャのように給与の遅配、減給、他人事と笑ってられませんよ。