最近の経済情報

最近のマスコミや経済学者のニュース報道や評論はあまりにも国民に不安感を与える過剰な表現が多すぎるようです。
うがった見方をすれば、少々の刺激に驚かなくなった国民に過激な表現でショックを与え、自分の金儲けに奔走しているとも思えます。

ビジネスで二度美味しいマッチポンプ的な行動かと思えますから少し覚めた目で評価するのもいいのではと思います。

平成元年の頃、我々日本国民はバブル景気に酔いしれていた時期がありました。
その頃の貨幣価値はインフレ気味で,みんなお金をばらまき、豪遊する社会状況、当時、東京でタクシーに乗って運転手さんに聞きましたが、チップで五千円、一万円などくれる客が沢山いて給料より多くなると言っていました。

バブルの頃、インフレでお金の値打ちがずいぶん下がっていたように思います。
当時はあらゆる財テクに走る人が沢山いましたが、結果的にみんな泡となり、大変な資産を失う結果となりました。
仮に、当時のお金で一億円持っていたとします。
そのお金をそのまま現金で今も所持しているなら、結果的には非常に資産価値は高いものになって勝ち組に。

金、投資信託、株式、結果的には、資産保護には現金が一番強いと思えます。
最近、ある新聞に掲載されていましたが、アメリカのファンドが日本の金融機関を手先に使い、また新たに投資信託の販売に乗り出す動きがあります。

外資にうかうかと踊らされないようにしたいものですね。
かくゆう私も、当時はゴルフ会員権、リゾートホテルの会員権、結果的にとても手痛い目に遭いました…..ひとのことは言えません(-。-)
…タラナー…(苦笑)人間はみんな雰囲気に踊らされ似たようなことをするものですねー。
反省…

先日、ふと思うことがありました。
現在のマスコミ、経済評論家、目の前の出来事だけを大きく過激に報道していますが、もし、5年先を考えたら、日本は必ず、円安、デフレからインフレへの転換に…….
そうなれば、企業は再度日本にカムバック、雇用の回復、景気の転換期、 ひとつの大きな経済拡大のチャンスが生まれるかも……

しかし、私達が時代の変化を上手に活かすにはそのための力を蓄え置くことが必要。
目先のことに踊らされず、夢に向って着実に努力をし、自分を磨くことが 時代の変化を上手に活かすためにやるべきことでしょうね…..