銀行業界に黒船襲来

米国ゴールドマンサックス日本法人が、7月7日に日本の金融庁から銀行免許を取得・・・

日本の会社のM&Aを標的に、したたかな国際感覚で日本企業を売買する方針のようですね・・・

とてもではないが、ドライなビジネス感覚で日本を草刈り場にするかもしれませんね・・・

国の政策で中小企業庁が中小企業のM&Aを税制で支援する政策を強化している条件に合わせて銀行免許を取得したのでは・・・

また、また、美味しい仕事がごっそりやと、よだれをたれ流すオオカミかも・・・

リーマンショックの時にハゲタカファンドが横行して日本の企業を食い荒らしたことを思い出しました・・・

重要な技術技能を持った中小企業が売買され、日本が丸裸にされかねないのではとオジサンは心配になりますね・・・

日本の政治家や行政は一体何を考えているのやら、国家の方向性さえも定まらない能天気な政治家、この国の将来はどうなるのかねー・・・