何が正しいのか

東京外環トンネル工事・・・

現在、住宅街の陥没事故のために、工事が止まっているとの事・・・

しかし、シールドマシンを動かさないと機械が壊れてしまうため一定の距離稼働させるらしい・・・

車も工場の生産設備も長期間使用を止めると故障して動かなくなる・・・

同じように原発などの設備も長期間動かさないとあらゆる設備の劣化が進み、より危険な状態になり兼ねない・・・

裁判官は法律には詳しいが、設備の運転維持管理関してはまるで素人、設備の状態を考えず、単に停止命令を出すことでより危険な状態を引き起こすことになり兼ねない・・・

安全を願うなら、機械や設備の劣化にも配慮した判決が必要と思えるが、ほとんどの判決はそのような事情を考慮したものではなく、単に法律に沿ったものとなることが多いい・・・

原発に反対される皆さんも、安全を願うなら設備が現存する限り、如何により安全に維持するかと言う問題を真剣に考えるべきです・・・

稼働させることだけが危険なのではなく、手を加えず放置することはそれ以上に危険な状態を作る事にもなるのです・・・

それが一度作られた装置や設備の宿命なのです・・・

オジサンの客観的な意見・・・