コロナワクチンの国産化・・・

やれやれ、要約日本の国会議員の口からコロナワクチンの国産化を提案する意見が出て来ましたね・・・

公明党の石井幹事長のコロナワクチン国産化の提言、とてもいいと思いますが、今頃そんなことを言ってるのかと、遅いくらい・・・

国会議員のみなさんの報酬減額期間延長の意見も、これはおおいに納得・・・

外国にワクチンの購入費として多額の税金を支払うなら、地球温暖化の危機を迎え、国産ワクチンを開発する方が国家100年の大計と言えるのでは・・・

イスラエルのユダヤの人達は50年先を考えて物事を仕掛けると言うような話を聞いた覚えがありますが、本来ならもっと早く国会で与野党の議員の皆さんが活発に議論を交わす、そんな場面をテレビで見たいもの、そして迅速な対応対処、それでこそ国会議員の価値があると言える・・

残念ながら、東京都知事のようにロックダウン的な 対策を県外からの通勤者などに要求するしか出来ない他力本願的発想の貧困さ、政治家として指導者としての資質を疑いたくなりますなー・・・

ところで、今のコロナ感染状況から考えたら、本来は医療関係者の方々からもそのような意見が出ても決しておかしくないと思うのですが?・・・

また、一時マスコミが大騒ぎした日本学術会議のみなさんは全く沈黙されているようですが、このような国家の危機にこそ国を救う提言が必要なのでは?・・・

単なる名誉職を欲しがるだけの人達、この団体に年間10億円以上の運営費を税金で補助、みなさんはどう思われますかねー・・・

コロナウイルスに手も足も出ない我々国民は、マスク、手洗い、消毒、換気、外出自粛、テレワーク、時短、これではどもなりませんよね・・・