大手企業のリストラ・・・

ネットに一世を風靡したファッション大手のワールド、125人の希望退職者を発表・・・

大手企業は今正にリストラ旋風・・・

ワールド、人件費と言う経費削減の効果が24億円、これはキャッシュフロー的に考えると実は倍の48億円の経費削減効果があるのです・・・

企業に取って如何に人件費の負担が大きいか、経営者ならこのような読み方をするのが普通です・・・

さて、4月1日から消費税の表示が内税方式に、商品の支払い総額は変わらないのですが、実は消費税の金額がわかりにくくなる・・・

つまり、これは今後の消費税をUPするために政府が考えた姑息な消費税値上げの下地作りだろうと私は予測しています・・・

コロナで補助金をこれだけ気前よくばらまいたら、その後いつかは回収しないと税金不足は当然の結果・・・

多分2年から3年の内に消費税は間違いなく15%くらいにUPしなければいけなくなりそう・・・

また、2023年からインボイス制度と言う軽減税率対策の税制がスタートする事になっていますが、これに対しては2022年度の税務申告から対応しておかないといけない事もあるようです・・・

それは消費税を請求するためには、税務署に事業者当登録をして、登録番号を取得し、請求書に記載しないといけなくなるのです・・・

これにより、今まで消費税を請求しながら納付していなかった事業規模の小さな企業や商店、個人営業の皆さんは消費税を請求出来なくなる恐れがあります・・・

その制度はもうすぐ目の前に、心して対策を取られるようにお勧め致します・・・

ますます厳しくなる日本の経済情勢、これでオリンピックの開催が中止になればどのような経済状況になるか、無知な私には想定も出来ませんが、

今まで以上に慎重な経営を心掛けるようにしたいと思っています・・・

少子高齢化、これからの厳しい日本、孫の世代を考えると今のようにのんびりと惰眠を貪る政治家や行政、国民に活を入れる事の出来る、明治の渋沢栄一さんのようなリーダが出現することを望むしかないのでは・・・