お恥ずかしい・・・

ある信用調査会社の調査に対応した時、言葉の綾から、日本の全国法人数が850万社と教えてもらい、それを基にブログに記載してしまいました・・・

どうもおかしいと思いだし、実情を確認致しましたら、実は事業所の総数だと言うことがわかりました・・・

担当者からお詫びの言葉もありましたが、調査会社のプロの言葉と信じた私もお恥ずかしい次第です・・・

ただ、少子高齢化による、労働人口は間違いなく減少を続けていますので、全国で事業所の総数が減っていくのは間違いないことでしょう・・・

大手企業では企業同士の合併、人手不足の折から正にリストラが始まり、労働人口減少にいち早く取り組みを始めています・・・

厳しい労働規制、がんじがらめ、働く楽しさを奪う政策がこの国にどのような悪影響を及ぼすのか計り知れません・・・

弱者を守るという如何にも正しい政策で数量規制ばかり、自由を奪われ、多くの前向きに頑張る人たちに無力感を植え付けているのも間違いの

無い現象に見えます・・・

一番大きな課題は経営者に非常に無力感を植え付ける労働規制、法律には勝てませんから、どれくらい耐えられる企業が残るのでしょう・・・

その結果、あらゆる分野でリーダー不在の状態、ビジネスで他国と経済戦争、果たして日本はいつまで経済大国と自負して行けるのやら・・・

ぼやくばかりではなく、私は日々、社員、従業員のみなさんの将来を思い、精一杯経営努力を続けています・・・

しかし、天から税金と言うお金が降って来ると思っている政治家と行政の馬鹿さ加減にはほとほとうんざりなおじさん経営者です・・・