みっともない国・・・

マスコミは年金問題をあおり、桜問題で政治家は右往左往・・・

いつも口をついて出てくることは経済、金、金、金、日本人はこんなに欲が深かったのかしら、ほんとに馬鹿らしい・・・

今の日本人は全ての人がマスコミに踊らされて後ろ向きな事ばかり・・・

いつの間に日本人はお金の亡者、権力の亡者になってしまったのかと思わされます・・・

人生楽をすればきりが無い、またそれ以上を望むのが人間、諸行無常は世の定め・・・

楽しい旅行も、贅沢な食事も一瞬の事、過ぎれば単なる記憶だけ・・・

人の一生、それを承知で明日も頑張るなら、それもよしか・・・

人間の生死を数量規制で決めることが出来るなら、寿命の予測も可能になるのか、ほんとにそんなに人の命って軽いものかしら・・・

有識者と言われてる人たちってそんなに人間の生命をよく理解している人たちなのかしら、私には単なる凡人だと思えますが・・・

人の一生は短い、少し考え方を変えれば明るい未来は創れると思うのですが、何か人様のお役に立つことを心掛けて生きられたらいいのになー・・・

働く楽しさも忘れて、金、金、金、みっともない国になったもんや、オジサンはそう思います・・・

桜を見る会、来年度は一旦中止、それなら野党の皆さんもも一定の成果を挙げたと国民は認めるのでは、いい加減にもう少し大切な問題に取り組みをしたらどうなんや・・

いつまでも、ぐじぐじとみっともない、もぅ少し大切な国家の問題が沢山あるやろに、こんな問題で多額の国税を浪費しているようでは野党のみなさんに政権は無理やろねー・・・

今年は新生児の出生、87万人?、こちらの問題の方が国家的危機だと思います・・・