明石駅前再開発・・・

明石駅前再開発・・・

あれは確か平成16年の1月でしたか、当時の明石商工会議所の会頭をされていた安藤様と言う方をみなと銀行明石みなと会の主催するゴルフのコンペに参加すべく、ご自宅にお迎えに行き、車中にて色々と雑談をしてるうちに、明石駅前が寂れてきて活性化したいが、市長は駅前の元ダイエーが店舗を置いていたビルにラーメン横丁を作ると言っている、そんなもんではどうにもならないやろうから、君何か良い方法を思いつかないかと相談をされました・・・

それを聞きながら、ふと思い出したのが、当時のマンションデベロッパー、㈱兼北の北川社長様・・・

永年お友達としてお付き合いを頂いていましたので、当時別件で開発に取り組みをされていた事業が、ある問題でやむなく中止になり、用意されていた多額の開発資金が宙に浮いていたことを思い出したのです・・・

少しお時間を頂きながら、北川社長様に開発をお願い出来ないかと相談をしたところ、明石市の協力と明石商工会議所の協力を貰えるなら取り組みをしても良いと言う話になり、早速商工会議所会頭にお願いして、当時の北口市長を含め駅前開発のプロジェクトを説明させていただくための会食を持ち、ご説明をさせて頂いたところ皆様に前向きな賛同を頂けました・・・

その後、明石市の市長会議室にて、市長、会頭、北川社長、各担当部所の責任者を交え、再開発への取り組みを決定・・・

当初はマンションの建築だけを目的にお願いをしたのですが、明石市様が本格的に駅前再開発として一緒に取り組みをされることになり、公的な駅前再開発の案件になりました・・・

初めて公的な大型地域開発プロジェクト会議に参加させて頂きましたが、公的事業と言うのはこのような会議で決まるものだととても驚いた記憶があります・・・

その後、明石市は開発のプロジェクト部を設置され、紆余曲折がありながら約12年間余りも掛けて現在の明石駅前のように立派な街並みが完成致しました・・・

明石市様が再開発プロジェクトとして着手された時点で私のお役目は終わったと考え、関りを絶ち、その後は開発計画進展の見守りに徹していました・・・

地元の企業や大手企業の参加もあり、駅前を一新する大型プロジェクトになり、多分金額的には300億円規模になったと思われます・・・・

開発を担当する大手ゼネコンとの付き合いを進められましたが、お金儲けをしたくてお世話をさせて頂いたのではなく、明石の町で数十年もよく遊ばせて頂けたことに対して、少しは恩返しを出来たものと考え、仕事のお付き合いは辞退をさせて頂きました・・・

もし、リーマンショックが無ければ、兼北 様の主導で現在のような大型高層マンションが二棟建築されていたはずです・・・

残念ながら開発主体の兼北様は計らずも世界的な経済不況の影響を受け、マンション開発事業を清算され、駅前再開発を他の業者様に譲渡をされた結果、高層マンションの建築は1棟になりました・・・

当時こんな問題も・・・

着手当時、思わぬ事態が発生し、ダイエー跡地のビルをパチンコ業者と買収で競合する事態にもなりましたが、北川社長はパチンコ屋に明石の 大切な場所を渡すことは出来ないと言って、熾烈な価格競争の結果、当初の買収予算に7億円ほども上乗せして契約をされました・・・(-_-)

もしも、㈱兼北様の北川社長が目先の利益の損得を優先してダイエービルの買収を断念されていたら、今の明るい明石駅前は誕生していないと 思います・・・

また、取り組み後に始めて知ったことですが、明石市は元武家の城下町、地域の皆さんはあまり変化を好まれない方々が多いいことを・・・

地域の市民には再開発に反対される方々も多く、市の担当者様、明石商工会議所様は調整に大変なご苦労をされていましたが、再開発の結果、 明石駅前のイメージは明るく一新され、多くの人々が行きかう便利で素敵な駅前に変化致しました・・・

ほんの些細な雑談から、このような再開発事業に関わらせていただきましたが、ご協力いただいた北川様、安藤様、北口様のお陰で思わぬことから明石の街創りの歴史に関わらせて頂いた「平成」私の人生において、とても良い思い出になりました・・・(^^♪ 感謝合掌