大学の状況

私の友人がある大学の役員をされていますが、教授などはもちろん、50代事務員の女性でさえ年収1000万円以上も取っており、夫婦で働き年収が数千万円にもなる職員がいるとのこと・・・

それだけ高給を取りながらまだ昇給をしろと言うからほんとにどうなっているんやろとぼやいてました・・・

全ての大学ではないとは思いますが、一般事務の女性なら公務員以外では信じられないですねー・・・

私の孫が今年も大学を受験し合格したとの知らせがありました・・・

昨年に続き大学生が2人目になりました・・・

親は大変ですね・・・

思うになぜ大学は豪華な快適な建物を必要とするのでしょうか・・・

勉学だけなら江戸時代の寺子屋でも出来ていたのに・・・

快適さや、勉学設備の充実を計るのは良いとして、建物はシンプルで良いのではないでしょうかねー・・・

外見の見栄で多額の授業料を必要とするなら本末転倒・・・

シンガポールをはじめとする諸外国に比べ、どんどん学力が落ちていると言われていますが、人生の一番大切な時期に遊びほうける大学生を見ていると、この国の将来を憂えてしまいます・・・

多額の費用をかけて医学を学びながら、女性に酒を飲ませて乱暴する言語道断の大学生には反吐が出る思いが致しますね・・・

せめて私の孫たちはそうであって欲しくないと切に思う次第です・・・

貧しい家庭の子供たちは大学どころではなく、ますます貧富の差が教育環境に大きな問題となりつつあります・・・

教育、人材を育てる努力を怠れば、企業も国も諸外国との競争に負けてしまいます。

少子化の今、ほんとに教育をもう一度見直さなければいけませんね・・・

資源の無い日本の財産は人なのですから・・・

今の政府は給与増額と休暇を奨励していますが、人が間延びした後、どうするのでしょうか・・・

怠け者ばかりになったら企業は存続出来なくなり、国は衰えることに・・・

ノーベル賞を受賞される皆さんは後期高齢者ばかり、若い人達が厳しさに耐えることで日本の将来を創るのに・・・

もう一度大学の存在意義を真剣に考えるべきでは・・・