参議院議員選挙を終えて

まず、最初に選挙の演説中に暴漢に襲われた安部元首相のご逝去に際し、心からお悔やみを申し上げます・・・

暴漢による銃撃、一瞬に落命、犯人の思い込みで暴挙に、ほんとに信じられない思いが致します・・・

さて、参議院議員選挙、野党の中ではゲーム感覚で国政を弄び当選した議員も、まさかと言う手段で法の裏をかくとは、呆れてしまいます・・・

権力の味は蜜の味と勘違い、故安部元首相は権力の味は苦いとも言われていたようですが・・・

どんな方法でもとにかく勝負に勝てば良い、権力を得たいとなりふり構わず奇策を練る、政治を弄ぶ、法の裏をかく、このような常識無視の国会議員に国政をゆだねて、我々国民はほんとに安心して国政を任していいのだろうか・・・

当選後の挨拶を聞いていて、顔の表情を見ながらウソやろー、それって本心なのかと思わず疑いの言葉が出て来ました・・・

また、思うに、国会議員さんて、これだけの人数が必要なのでしょうかね・・・

現在の国会議員さんの人数、半分くらいでもいいのではと、個人的には思います・・・

少子高齢化で人口減少、世界は早いスピードで激変中、もたもたと決められない国会審議をやってては世界の変化に対応出来ないでしょう・・・

国民の一人として、ほんとの危機感を持って国民の将来を考え、責任感を持ったリーダとして行動してくれる政治家を切に望む次第です・・・

猛暑の最中、劇的な事件を伴った参議院議員選挙、真面目な野党議員さんに混じり、よくわからんせこい価値観の一部野党議員も当選、正直これからほんとに日本の将来はどうなるんかな・・・