働き方を選ぶのは貴方の責任と身近なアドバイザー

仕事、職業、趣味を選ぶのは人それぞれの責任で選択するものであり、多くの場合自分の意に沿わないことも多々あるものです・・・

労働時間についてですが、どこの企業の経営者も決して休日出勤や残業を強制するような事は望んでないはずです・・・

弊社でも、社員の仕事の仕方を見ていて、なぜそこまでやらなければいけないのか、お金を出すからもう少し人に仕事を依頼するようにしてはどうかと注意をする場合があります・・・

経営者の責任で残業規制のルールも作り、様々な方法で周知をしていますが、それでも時として守ってもらえない事もあります・・・

ま、極端な場合は強制的に仕事を取り上げざるを得ませんが、そこまではいきませんので、片眼をつぶることになります・・・

残業代、休日出勤手当は当然の処置を致します・・・

スポーツ選手や芸能人、経営者は365日、24時間体制で自分の好きな仕事に没頭する人達が沢山いますが、これは法的にも規制を受けていません・・・

オリンピックに挑戦する選手たちの苦労は並大抵では出来ないですよね、筋肉は3日鍛えるのをやめたら元に戻ると言われて、過酷な練習を日夜続けているとの事・・・

企業での仕事ならたちまち労働基準法で告訴されることは間違いないでしょう・・・

つまり、経営者やスポーツ選手、芸能人などは人間扱いされない、そして戦地に赴く軍人たちに労働基準法は適用されないのです・・・

好きな仕事であろうと、自分の体力や能力、労働条件が合わなければ自分の責任で転職は自由なので、私はぜひそれをお勧め致しますね・・・

企業や職場をいくら非難しようが、ビジネスはウォ-ゲームつまり、金儲けは戦場のゲームなのですから、100%個人の自由を保障してはくれませんし、如何に経営者と言えど社員をロボットのようにコンピュータで制御するような方法は到底出来ません・・・

ビジネスの世界に入るのは生活の為なのか、社会貢献なのか、それとも個人の好みなのか、ゲームなのか、生きていくにのにほんのわずかでも闘争心は不可欠・・・

勘違いしてはいけません、男女の性別に関係なく単に会社や職場の人達に甘えたいなら自分で起業して好きなように働くしかありませんよ・・・

あくまで、本人の責任とそれを見守る家族やいい友人のアドバイス、自分に合わない会社、職場を捨てる選択は貴方の責任で自由にすればよいのです・・・

日常の生活状態を身近で見る家族の責任も非常に大きいもので、決して他人が事態の判断を決められるものではありませんよね・・・

今の時代、企業は社員に手錠をかけて拘束する権利は無いのですかから、優秀な社員が退職する会社は存続の価値が無くなります・・・

経営者はリーダですが、いい会社を創るのも悪い会社にするのもそこで働く人たち次第、決して経営者一人でいい会社を創ることは不可能・・・

何ごとも他者に責任を被せるのは一番楽な方法、しかし、非難、批判をしてる貴方の責任は、マスコミは単に金儲け、面白おかしく煽るのが商売・・・

もう一度再確認、ビジネスはウォーゲーム、社会は戦場、甘えたらだめですね・・・

少なくとも私は経営者の責任として、社員の皆さんを出来る限り自分の家族のような目で見るように日々心掛けています・・・