ストロークとは

20年以上前になりますが、「ストローク」このような言葉の意味を明石中澤頂門塾と言う経営者の研修会で教わったことがありました・・・

その時は意味を理解していたつもりでしたが、やはり付け焼刃、若さもあったのかも知れませんが、深く理解出来ていなかったようです・・・

しかし、歳を経て今初めてああこういう意味があったのかと思わず納得させられている次第です・・・

当時の塾長、エイムブレーントラスト代表「中澤昭彦」様、まるで宇宙人のような発想から研修して頂いたように感じたことがありました・・・

数日前に、「心の栄養」と言うブログを書きましたが、今まさにそのことだったのかと府に落ちました・・・

ストロークとは、「あなたがそこにいることを、私はわかっています」と言う、人の存在に対するメッセージである・・・

このように教わったのですが、言葉、動作「挨拶、電話、手紙、手をにぎる」・・・

お客様に対して「出迎え3歩、見送り7歩」ストロークとは相手に対する心からのメッセージ・・・

今思い出しましたが、中澤先生の教えの中に「身体の食い物」「心の食い物」と言うお話、すごいことを学ばせて頂いていたことにようやく気付きました・・・

先日、私がふと気づいた、人に必要な「心の栄養」それを20年以上も前に学んでいたことを今に至ってやっと理解できたと言うことになります・・・

もう一度自分を振り返って、今からでも出来る限り人の心に栄養を与えられるような経営者として人間的な成長を目指したいものです・・・

あーあ、人生は学びの連続・・・お恥ずかしい・・・