不思議なコロナ対策・・・

以前から不思議に思うことですが、人間を枠にはめて管理するのは大変難しい事・・・

テレビで医療関係者のコメントを見ない日が無いと言う状態・・・

コロナ感染症対策専門家会議の尾身会長さんの顔を見ると余計に悲観的な気持ちが強くなりますよね・・・

全ての人間を隔離するのは絶対に出来ない、医療が対策の全てと考える限りは到底コロナをもしくは今後発生するかもしれない未知のウィルスに対抗することは無理だと言うことになる・・・

なぜ、考え方を変えた方法で対応対処も選択肢に入れないのでしょう・・・

人間には無害だがウィルスを殺菌する効果の大きいと言われる紫外線照明器具、次亜除菌装置、光触媒、様々な科学的、技術的対策があるように思えますが、政府はそのような対策には全く無知なのか言葉の端にも出さず、医療関係者の意見を聞いて判断しますの一点張り・・・

安部のマスクに数百億円の費用を掛けたそうですが、私の家でも記念品として保管している状態・・・ほんと馬鹿らしい・・・苦笑

鉄道の駅舎、地下鉄の駅、商店街、飲食街、このように多数の人々が集まるもしくは通行する場所に科学的に空気環境を改善する紫外線照明器具などの設備を設置するような対策、このような考え方は無駄なのかしら???・・・

医療に偏った思い込みの考え方でなく、現実的に科学や技術など全ての方法を駆使してウィルスと戦う決意が必要だと思う・・・

いざ、出でよ、科学者、技術者のみなさん、沈黙は金ではありませんよ・・・