ハゲタカファンド・・・

もうすぐ春と言うのに、厳しいニュース・・・

リーマンショックを体験された方々はよくご存じのハゲタカファンド・・・

金融機関から不良債権をタダ同然のような金額で買い取りして、転売して多額の利益を出した手法・・・

今回も春から起きるであろうと予測されているコロナ倒産企業急増に合わせて、内外の金融関係企業がファンドを組み、地銀や信用金庫などの不良債権を買うビジネスを開始するらしい・・・

1000億円規模の不振企業向けの債権を買うビジネス・・・

リーマンショックでは不良債権にされた多くの企業が債権をハゲタカファンドにほぼただ同然で資産を売却され、ハゲタカファンドが転売で多額の利益を出した事は周知の事実・・・

またまた「柳の下に2匹目のドジョウ」を見つけたようですが、その標的にされる企業、非常に悔しいことでしょう・・・

しかし、このことわざの意味は、一度上手くいったからと言って再び同じ幸運が得られるとは限らないとの戒めの意味・・・

人の不幸ほど美味しいものは無いと言うビジネス、ハゲタカファンド・・・

我々は心して経営をしたいものです・・・