原点に戻らないと・・・

どうも景気は減速しつつあるようで、信用調査会社のデーターでは、倒産企業が増えつつあるようです・・・

少子高齢化が急速に進みつつあるのですから、生産性は悪化していくことになると思うのは極普通の考え方・・・

しかし、政府は企業に休みを増やせ、残業させるな、副業をしろ、遊べ、なんと支離滅裂な政策を平然とのたまう・・・

休め、残業させるなと言いながら副業、兼業をしろ、何で?、そのために過労だと言うことになればだれが責任を取るのか???・・・

働き方改革より先に働き甲斐改革、楽しく働くための環境作りが大切・・・

オジサンが思うには、言いたくはないが人口減少の現実を考えると先に行政改革をする方がこの国の将来のために必要だと思うんやけどなー・・・

政府の政策目的は全て税金徴収にあり・・・