国会議員の横暴???・・・

どうもおかしいと思いませんか???・・・

令和の傷害者国会議員に対する待遇・・・

国会議員の年収は2896万円、そのほかに沢山の特権があり、議員一人当たりの年間必要経費は約2億円掛る・・・

参議院議員任期、これから6年間、一般的に考えても二人で24億円以上の税金が必要・・・

こんな優遇されている議員でありながら傷害者であることを理由に介護費用まで全て国税で負担をすることに・・・

それなら、国会議員で無い他の多くの傷害者の皆さんに対する差別になるのではないのか???・・・

不満を言えば議員特権でそのようなことを勝手に、いとも簡単に決められるとはなんとも理解し難い・・・

あまりにも政府政権に対する人気取りでは無いのか・・・

障害を持ちながら働いて税金を納めている人たちにとって、このような議員特権を付与されるのは納得出来るのでしょうか・・・

大変なのは健常者でありながら働いている一般勤労者や会社経営者も同じです・・・

病を抱えながら必死で働いている経営者も私の身近の知人にはいます・・・

残念ながら、社長と言う私が必死で働いて稼ぐ年収でも国会議員の年収には、はるかに及びません・・・

それだけ高額の給与、年収、待遇、特権を得ながら、介護費まで国家で支払わなければいけない理由がどこにあるのでしょう・・・

いとも簡単に国の税金を使える国会議員、権力をかさに着て国民を馬鹿にし過ぎていませんか???・・・

人口減少でこれから大変なこの日本と言う国、あまりにも甘えた要求は国を滅ぼし兼ねませんね・・・

ひとりでも議員を減らさないといけない未来が見えているのに、飽食の時代の国会議員の横暴さ・・・

例えば、我々建設業では、平成29年の統計就労者数、498万人が令和6年頃には230万人くらいに激減するとも言われています・・・

国家の存亡危機は目の前に・・・

当然、税収も減る、日本の将来を非常に憂える次第ですが、国会議員数を減らし、ほんとに機能する国会にしなければ予測されている自然災害などの国家的危機に迅速な対応対処出来ない・・・

権利と権力を求める姑息な似非国会議員たちの対応・・・

今回の令和議員に対する忖度、オジサンはほんとに一国民として腹立たしく納得できませんなー・・・