全て経営者の責任・・・

働き方改革の法律施行が決まりましたが、内容の究極は全て経営者に責任をかぶせるだけの内容・・・

どうにもわからない、人はそれぞれの意思があり、いくら社長が耳がタコになり、イカになるくらい指導しても従わない人達もいるのです・・・

働き方改革は単なる数量規制で、本当の意味での改革にはならず、働く意欲を削ぎ、金太郎飴的な人間を作ることになり兼ねません・・・

正規の勤務先を定時退社、その後副業で深夜まで残業、もしくは休日まで働かせることはOK・・・

一体どこが働き方改革???、単なる税金を納めさせるまやかし、ほんとに不思議な法律・・・

80時間以上、いや60時間以上の残業は過労死になるのと違うのかな?、お医者さんは年間2000時間の残業OK?・・・

同じ生身の人間、経営者は残業規制なし、なんでやろ・・・

弊社は少なくとも毎年自律的に社員の就業条件、待遇を改善し続けていますが、その方法は仕事の仕方を変えられるようにあらゆる仕組みを作ることから始めています・・・

人間は日々必ずムダな行動を伴いながら仕事をしているものです・・・

解決策を示さず、環境を整えず、単なる数量規制の法律を作る政治家、行政、なんとお粗末な能力・・・笑うしかない(^^)

中小零細企業の経営者にとれば、働き方改革の法律は滑走路も無しに飛行機を飛ばせと言われているようなもんやがねー・・・苦笑

こんなことをして、結果的に余計な書類を作らせ、管理体制を作らせ、労働者にムダな時間を使わせている現状をよく理解せずに自己満足な評価をする人たちにはうんざり・・・

経営者に法律で全ての労働者の管理責任を被せ自分達は高見の見物、のうのうとしている、たんなる怠け者たち・・・

自分で一度経営者、その立場に立たれてみればよく分かりますよ、経営者にやる気を失わせるいかに馬鹿な法律なのか・・・

政治家はもう少し知恵を活かして人間らしく柔軟な働き甲斐改革をやれる仕組み、法律をつくれないものかねー・・・(-_-)

休め、残業するな、お金を使って遊べ、遊ぶことまで能天気な政治家に世話を焼かれたくない、このままでは、日本は間違いなく経済的に衰退し、世界に負けることに・・・