平成最後の大関昇進・・・

弱冠22歳、平成最後の大関昇進、貴景勝・・・

新聞報道に載る言葉、「言葉で言いあらわすより、土俵で見せる力士に」イイネー22歳とは思えない深い言葉・・・

日本の若者も捨てたもんじゃない、オジサンのような年齢の者にはとても力強く聞こえます・・・(^^)

神戸新聞に貴景勝の名の由来、貴は元横綱貴乃花の一字、景勝は上杉謙信の後を継いだ景勝から取ったとのこと、武士の心を持った名前と知りました・・・

謙信の後を継いだ景勝の名にちなんで「貴景勝」

戦国の世を生き抜く心得を上杉謙信は家訓に残したそうです。

「心に誤りが無いときは人を恐れない」「心に曇りがないと心は静か」「心に勇あれば、悔やむこともない」

平成最後の大関昇進、兵庫県民としても心から祝い、応援したいものです・・・(-_-)

願わくば少子高齢化で精神的に弱体化しつつある日本人、同世代の若者が奮起して、我が日本の将来のために元気を取り戻して欲しいものです・・・

後継者を育成したいおじさんの思いも元師匠、貴乃花の思いも変わらないでしょう・・・