改めて驚いた日本の社会状況

コロナ感染問題、ウクライナ戦争問題、その結果我々電気設備工事に必要な資材や機器類が不足する事態になり、工事の施工計画を立てる事さえ難しくなってきました・・・

とにかく仕入れ先から必要な資材や機器類の納期回答がもらえない、そこに物の価格が大幅にUPと言う異常事態に・・・

値上げを認めても工場で物の生産が成されていない状態・・・

理由は国外で生産されている物が原料不足やコロナ感染によるロックダウン、また、船のコンテナ不足や輸送体制の問題・・・

一番の理由は、いわゆる国内でサプライチェーンが完結してない、つまり海外製品が非常に多いいという事情によるものです・・・

日本て何でも自国で賄われる生産体制の整った国だと思わされてきましたが、いつの間にか多くの機器、資材、製品が海外の生産システムに組み込まれていたと知りました・・・

改めて、戦争による物流問題や異常な社会状況に対応出来る国づくりをしておかないと、エネルギーとして重要な電気設備のインフラ整備さえままならない事態になると言うことです・・・

今年はいつもの年と違う異常な社会経済状態を体験しそう、日銀の黒田総裁、大幅な円安、物価上昇にも危機感無しの「もんだいなーい」ほんとかい・・・

消費物価も急激にインフレが進行中、なんとも頼りない日銀総裁、金融のかじ取り大丈夫かしら・・・

おじさんはそうは思えず、やはり心配する次第・・・