今月は決算期・・・

一年間の時が立つのはほんとに早いもので、今月は弊社の決算月・・・

コロナで大変な経済状況の最中、4月の試算を終えますとほぼ一年間の業績が見えてきます・・・

もともと私は技術屋なものですから、経理のしくみも決算書の読み方もまったく勉強らしいことは何一つ出来ていませんでしたが、ある時経理の重要さを知ることになり、本屋さんで決算書の読み方と言う本を何冊も買い、勉強を始めましたが、専門用語がちんぷんかんぷんわかりませんでした・・・

いろいろ苦労はありましたが、お陰様で実践的な読み方はしっかり身に付ける事が出来て、税理士さんとも共通語で話をさせてもらえるようになりました・・・

会社を健全に経営するためには経費の使い方をしっかり管理しないとせっかくの利益をむざむざと浪費してしまいます・・・

また、社長であるがゆえに公私を混同するような経費の使い方は絶対にしてはならないことです・・・

そして、社員、従業員のみなさんの生活を毎年少しずつでも必ず改善する、そのような心構えは経営者として当然の責任です・・・

また、税金をきちんと納めるのはこれも企業、国民、経営者の責任、考え方が堅いようですが、私にとってはプライドの問題もあります・・・

みんなが安心して働けない会社ではお客様に喜ばれ、社会に貢献出来る仕事をする事は出来ませんから、もし金儲けだけで地域社会に存在意義の無い会社なら間違いなく私は廃業しますね・・・

そういう意味では、社長の経営方針をしっかり理解して協力してくれる社員従業員のみなさんがパートナとして必要です・・・

コロナ感染問題で大変な日常ながら、今年も一年間、社員、従業員の皆さんはだれも感染問題を起こさずしっかり頑張ってくれました・・・

色々と問題はありますが、毎年必ず決算の結果を社員、従業員のみなさんに少しでも還元出来ればと、今年も一年間精一杯経営努力もしてきました・・・

さて、今年の4月の業績試算はどうなるでしょう?かねー?・・・

税理士さんが試算表を作ってくれる間、小さな会社、おじさん経営者の心境は複雑です・・・苦笑