オジサンも時々落ち込みます・・・

皆さんは経営者、社長の権限は大きいと思われてるでしょうけど、ほんと生憎そう簡単にはきません・・・

同じことを繰り返し、耳がタコになり、イカにもなるほど注意や指導を繰り返しても素直に聞いてくれる人はごくわずか・・・

我々は公務員のみなさん方と違い、利益を作らないと給与さえ支払えなくなります・・・

社員、従業員のみなさんにみっともない服装させてみじめな思いをさせるのは耐えられません・・・

うす汚い汚れた制服を着せて仕事をさせたら、お客様にご迷惑、従業員の恥は会社の恥・・・

経営者はひたすら一生懸命考え抜いて、社員や従業員の皆さんに指示や指導を行い、まず自身がお手本を示しますが、なかなかその通りにはなりません・・・

ここで諦めたら負けで、昇給も賞与も含め待遇改善を実現出来なくなりますから、ただひたすら言い続け、やり続けざるを得ません・・・

一番きついのは労働基準法、これは国のルールですから、罰則がついてきます・・・

政府や行政の皆さんは社長の首を法律と言うネクタイで絞め上げたら社員の皆さんを自由にコントロールさせられると決めて、様々な条件のルールを守らせようと致します・・・

もちろん、経営者に罰金や時には逮捕などの罰則で縛りをかけて来ます・・・

しかし、どのように厳しい罰則を付けられてもそれを社員や従業員のみなさんに十分理解してもらうことは至難の業・・・

「あんた自分で一度やって見なはれ」お役人さんにこの言葉を言ってみたいものです・・・

いい会社にしたいと一生懸命頑張るのですが、それに応えてもらえない時はほんとにめげる気持ちになり、正直落ち込みますわ・・・

何とか良い業績を上げて、みんなで一緒に喜びたい、ただそれだけなんですがねー・・・苦笑

オジサン社長受難の時代です・・・