国会議員さんてこんなもんかしらね・・・

国会で厚労省の統計に関する質疑が行われていますが、私たち民間企業の経営者からみて、確かにプロとして給与をもらいながら公的なデーターを誤魔化すなんて言語道断と言えますね・・・

それを監督する立場の官僚の方々の国民に対する責任感や問題意識も、これでは困ったものです・・・

しかし、野党の皆さんも含めて、どうしたらそれを正しく行うことが出来るかと言う意見や提案ではなく、大臣や担当官僚の責任の追及に終始するばかり、いつも思うことですがこれではどうにもなりませんよね・・・

我々民間企業の経営者はダメでしたでは明日が無いのです・・・

知恵を使い、汗をかいて必死で問題の改善、解決を図る努力をしなければ、間違いなく倒産してしまうのですから・・・

血相を変えて首相や大臣、官僚を攻撃する前に、どうすれば改善もしくは解決出来るのか、具体的な提案を持って討論をお願いしたいものです・・・

議会に必要な費用は国民の血税が使われるのですから、少しは前向きな議論をして欲しい、国民の切実なお願いです・・・