日本人的な気遣い・・・

今年の賞与も無事に支給を終えました・・・

社員、従業員の皆さんの反応が気になるのは経営者の本能です・・・

感謝の言葉や態度でわかりやすく表してくれる人に対してはよかったーと安堵します・・・

そしらぬ顔をする人を見ると不満があるのかと思ったり致します・・・

仕事をしてお客様から良い評価を頂いても、その結果大きな赤字を出す仕事もありました・・・(-_-)

残念ながら全ての仕事で利益を残すのはどのような規模の会社でも大変難しいものです・・・

みんな一生懸命頑張るのですが、今の時代、専門知識、知恵、体験、資料作成能力、人を動かす人間力、全ての能力をフルに活用してもらえないと利益を残すことは大変難しいものです・・・

その上、労働規制の厳しさは半端ではなく、法定福利費などの人件費は増加の一途・・・m(__)m

休みを増やせ、残業をさせるな、給与を増やせ、遊べ、経営者はマジシャンか?・・・(>_<) 民間の企業で働く人たちは大手の社員と言えど、管理職の皆さんは精神的に追い詰められながら仕事をされていますね・・・ 働き方改革、ほんとはどのような仕事の人達が確実に恩恵を受けているのでしょうか・・・(-_-) この国の政府やその関係者は不足する税金を全ての国民から徴収UPをすることしか考えてない・・・ マイナンバーなどで厳しく納税の締め付けを受けるようになってきた下請け業者さんに比べ、これからは正社員と言う立場にいる人たちの方が有利になりつつあります・・・ しかし、残念ながらいくら不満を覚えても法律には勝てません・・・(-_-) 貴方の学歴は東大ですか、京大ですか?、そのようなエリートでなければ何かで努力をしなければいけないのは当然です・・・ 小規模な企業なら何かを変えて、その条件をクリアーするしか生き残れないのは当たり前と言うことです・・・ 競争社会なのですから、良い評価、望むものを得たいなら、人一倍の努力が必要なのは当然です・・・ データーを検討し、経営状態をよく確認し、少し先の業績をしっかり検討した上で、会社のかじ取りをすることになります・・・ 今の時代、リーダーに経営者に求められるのは、気遣いの出来る人間性であり、分析能力であり、リーダーシップ、適切な判断力と迅速な行動力、いやー、息を吸うのも難しいほんとに厳しい時代になったものです・・・(-_-) なにはともあれ、今年も無事に賞与を支給出来、社員や従業員の皆さんが年末、年始を心配せずに過ごせるだろうと一応安堵してる次第です・・・ 社員、従業員のみなさんの生活を心配するのは社長の責任、欲を言うなら、ありがとうと気遣いの言葉を貰えたら、社長として少しは心労も癒されるのですがねー・・・ ありがとうの言葉にお金はかからないのです・・・苦笑(^^)