あまりにも興味本位のマスコミ報道・・・

最近の傾向かも知れませんが、マスコミの報道があまりにも興味本位になり過ぎているようですなー・・・

他人事だから?報道の自由を笠に着て少し横暴すぎる傾向が顕著になってきました・・・

記事を書いてる記者本人も自分が神でも聖人君子ではないことはよく知っているはず・・・

人の人生を左右したり、国の興亡に影響を及ぼす力があるのですから、書きたい放題はあかんやろー・・・

それでも記事を書いて無報酬なら許せるかも知れないが、高額な報酬を得ているのは単なる金儲けと違うのかな???・・・

テレビのコメンテーターも口先だけのきざな発言を繰り返すが、ほんとに無責任なやからやと思う時が多々ある・・・

他人事やから、報道でしか知りえない国民はその報道や発言に、つい反応してしまう・・・

新聞や週刊誌、ネット、テレビ・・・少し斜めに構えて、「それほんとかい」こんな見方をした方がいいのでは・・・

昨夜、ミスターサンデーで、豊田真由子衆議院議員に直接インタビューしていたが、宮根氏の上手な質問に、真実と本音の言葉も出ていたように思える・・・

「若気の至り」と言う言葉を思い出した・・・

自分自身も40代の初めは若さと自信に満ち溢れていた時があり、今思えばかなり無謀なこともあったのではなかったかと・・・

多分彼女は有能で行動的な女性であることは間違いないのでしょう・・・

ただ面白半分に批判するだけでなく、出来れば再起させてあげたい人材かも知れません・・・

過去に大企業を創業した経営者には、必ず有能な片腕がついていたようです・・・

この人を成長させてあげようと思ってくれる秘書が見つかれば、彼女は有能な政治家になれる要素を十分に持ち合わせていると思えます・・・

貧しい厳しい人生を知らずに、2代目でのうのうと議員の身分に胡坐をかいている人たちも多いいのですから、今の若さと有能さがあれば、立ち直ることは十分に可能です・・・

欲と権力に毒された議員より、余程期待出来そうです・・・

また、三流芸能人が色々と批判をしていますが、自分のことを棚に上げて人を批判するのはほんとにみっともない限りです・・・

最近は、山を見ずに木だけを見る、短絡的な思考の人間が増えて、単に自分の憂さをこれ幸いとぶつけて気晴らしをしている人たちが増えているように思えて、ほんとに嫌な世の中になったものだとため息が出る思いが致します・・・

まー、これは60代のおじさん経営者の感想です・・・苦笑

「ウサギよりカメが勝つ」人生は早さより、確実に前に進み、コツコツやることが一番大切・・・

追伸

豊田真由子議員に対する芸人やその他の人達の言動を聞いていると、あまりにも卑しい発言が多すぎるね・・・

国会議員と言えど、たかが40過ぎの若さ、おじさんから見れば人間が出来上がっている年齢でもない・・・

これだけみんなで人を罵倒しなくても、もう少し冷静に見れないものかねー・・・

批判してる芸能人など、普段の姿からみて、天に唾を吐いてるようにも見えますが・・・

税金をくすねたわけでもなし、おじさんの年齢の者から見れば、若気の至り、頑張り過ぎたのではとも見えるがなー・・・

これだけ非難されたら心も痛み、心が折れる思いを耐えるだけでも苦しいやろに・・・

日本人はいつから人の弱みを金儲けや憂さ晴らしに利用するようになったのかなー・・・

オジサンの年齢になったら、自分の子供がいじめられているような気持ちにさせられます・・・

かく言うおじさんも人間が出来てるとは到底言えない、未熟な人間やからなー・・・