人を育てる・・・

創業以来42年目・・・

この間、人材を育てようとあらゆる試みを続けて来ました・・・

最初は自分の仕事を何とかしたいと言う思いが強く強引なことが多々ありました・・・

時と共に、この業界、職業に対し、後継者育成の気持ちがとても強くなってきました・・・

やはり、歳と共に世の中、社会の仕組みを理解出来るようになってきたからだと思います・・・

自分の人生において、美味しい食事や旅行、観劇などや人とのふれあいなどの楽しさは格別なものではありますが、全て一瞬の出来事、過ぎてしまえば思い出になってしまいます・・・

それを思いだし、人生を振り返ることも多々あるのも事実です・・・

ただ、私は、自身が関わる皆さんに、そのような楽しい時間を少しでも多く過ごしてもらうために、もしくは、人生でのやりがいを身に付けてもらうために、教育ということに大きな興味を持ちました・・・

しかし、人を育てる教育を続けることがこれほど苦しい大変なものだとは今更ながら思い知ることが多いのが実情です・・・

世の中は、人を食べるか、食べられるかの弱肉強食の世界であることは間違いないでしょう・・・

分け合って食べる、共存共生出来る社会ならうれしいのですが、残念ながらそうではありません・・・

多くの人達は生きるだけで大変な社会です・・・

時代が大きく変わりつつあり、私の子供や孫の世代が、その変化についていけるように、少なくとも自分の会社においては、良い人材を育てる努力を続けたいと思う次第です。

7月23日、7月22日、二名の社員が第二種電気工事士の受験に臨み、聞いてみましたら、合格出来ると思いますとの返事がありました。

上司や先輩が指導し、練習のために資材を提供し、社外講習や社内研修などの時間を作り、みんなで応援をしていたのです・・・

これから40年、50年先まで生きなければいけないのですから、少しでも自分の能力、高く売れる力を身に付けて欲しいと念願しています・・・