何かが狂ってきてるのでは・・・

最近の日本の状況を思うに、何かが狂ってきているように感じます・・・

経済一辺倒の方向に、また、楽をすることが美徳であるかのように働かない症候群へ・・・

株の売買などのようなゲーム感覚で仕事をする無産職の人間ばかりが増えている・・・

あらゆる業界で人手不足のため倒産する個人商店や小規模、零細企業の続出・・・

働かずに遊ぶことを奨励する今の社会的風潮ですから当たり前と言えますよね・・・

一生懸命事業をして税金を納める側の人たち、、批判が主体で、税金を使うだけの政治家さん達・・・

あまりにも人気取りに傾く政治のために、何か大切なものを失いつつあるような気が致します・・・

ほんとはもっと仕事を楽しみながら、生活も豊かに出来れば良いのですが、ますます貧困層は増えるばかり・・・

政治家の安易な人気取りの政策のために、労働に対する国民の価値観が根本的に変わってきたようです・・・

このような変化が、この先10年後の日本に取ってどのような影響を及ぼすのか、考えるだけでも怖い気持ちを持っています・・・

働くこと、汗をかくことが出来ない人たちばかりの日本の未来、私の孫たちの世代の将来が非常に不安に思えます・・・

コミニケーションも満足に取れない若者ばかりが増え、その若者の将来に明るい展望はあるのでしょうか・・・

ゆとり教育の弊害をもう一度ダメ押しで作る政治家に大変失望しています・・・

政治家が狂ってきてるのかもね・・・