国会議員カップルの育休要求・・・

なんともあぜんとする思いが・・・

若い国会議員のカップルが育休を要求・・・

失礼ながら市会議員さんレベルならまだしも、国会議員と言う国政を預かる重要な責任ある立場の人の要求するべきことではないような気がするが・・・

我々民間の経営者、労働者、国民の税金で気楽な生活をしている富裕層の国会議員なのか・・・

この国会議員カップルに必要な給与、経費は一人2億円以上、合計四億円以上必要なのです・・・

我々の税金で生活しているのですよ・・・仕事をきちんとしてもらわなければね・・・

私が応援する国会議員の方々はいつ休んでいるかと思うくらい活動しているようですし、また、その秘書の方々の日常はとてもではないが、労働基準法なんてどこの世界のことなのかと言うくらい多忙で激務をされています・・・

夫婦で子供を育てるのは当たり前ですが、四六時中子供に貼りついて育児をするのが子育てとは思えません・・・

私も自分の子供が生まれ、赤ん坊が夜泣きをする時には家内に代わって抱っこして、寝つくまであやしていました・・・

風邪をひいて、鼻を詰まらせてしまったときは、自分の口で吸いだしてあげたりしました。
本当に子供が可愛いからです・・・

子育て時代は月に一度か二度の休みしかなく、残業は毎日のような状態で働いていましたが、子供を育てることに関しては、夫婦で共に頑張ったものです・・・

でも、三人の子供はしっかり育ち、今ではそれぞれ二人ずつ、六人の可愛い孫もいます・・・

この国会議員カップルは余程親に甘やかされて育ったのでしょうかねー・・・

夫婦して、少なくとも国会議員のような責任ある立場に立つ人でないことは確かでしょう・・・

多分、次は落選されると思いますが、浪速のエリカ様同様に・・・60代のおじさんはそう思います・・・

企業で働く社員の人達なら、会社で周囲の皆さんの理解を得られるように日常的に努力をされ、育休支援を受ければ良いことです・・・

国会議員と言う、国政の責任ある立場にある人が言うべきことでは無いでしょう・・・

それも、自分勝手に議会を欠勤するとはね・・・

まるで、幼稚園児のような低レベル・・・

私の周りにはバツイチで苦労をしながら育児もしてる女性が沢山おられます・・・
収入も立場も非常に恵まれた国会議員の立場で、育休を取るほど知恵も生かせない無責任バカップルのために血税を使っても良いのでしょうか・・・

そんな優雅なことをする前に、ほんとに厳しい生活をしているバツイチ子育て女性の支援でも考えたらどうや・・・
自民党の閣僚も若手議員の教育さえ出来ずに何が票稼ぎの育休奨励なんやろ・・・
国会議員と言う職業に就職するような議員はいらないでしょう・・・

世界情勢の厳しさも考えず、あほと違うか・・・

ところで、夫婦別性も、結婚の時にお互いによく話し合って、どちらの姓を選ぶか決めれば良いことでしょう・・・

裁判で争うほどのことなのかしらねー・・・

私のようなおじさん世代には、なんともよく理解できない時代になったものです・・・

追伸     この議員さん育休の意味をわかっているのかな???

育休とは・・・育児休暇に非ず、仕事を休業することになります。
国会議員職を二か月間休業するのかな???

歳費・・・・・・国会議員に取っての歳費とは賃金ではない。

責任職・・・・国民に奉仕をすることを承知で議員に選ばれている。
       本当に困っている国民を放置して自分たちの欲望を優先するのは
       国会議員のすべきことではない。