痛ましい感電事故・・・

静岡で川遊びをしていた親子が感電死亡事故にあったとのニュース・・・

ほんとに痛ましい思いが致します・・・

特にまだ40代の若さで、働き盛りの良い父親であったろうに・・・

私も孫がいますから、とっさに孫の将来を考えてしまいました・・・

父親を亡くした子供たちの将来がどうなのか心配をする次第です・・・

また、日本の大切な働き手を亡くしてしまったことは残念至極としか言えません・・・

私は電気設備工事の専門会社の社長でもあり、技術者でもありますが、最近はホ-ムセンターで配線資材や機器類を購入し、電気工事の真似事をされる素人の方々が増えていることに少なからず危険性を心配する次第です・・・

電気はもともと非常に危険なエネルギーなのですが、イメージは太陽光発電などでクリーンさだけが独り歩きしているように思われます・・・

本来は免許、資格を持った人しか配線も機器類の取り付け、取り替えもしてはいけないのです・・・

非常に危険な電気をより安全・安心・快適・便利につかっていただくためにプロの工事会社があるのです・・・

今回の電気柵への配線も素人の方がしたものと思われます・・・

我々プロの工事会社が、設備の設計や配線工事をしていれば、まずこのような痛ましい感電事故は起きなかったはず・・・

他人事と思われませんように、電気と言う目に見えないエネルギーは非常に危険なものなのです・・・

家庭、工場、一般設備、危険は随所に存在しています・・・

日々適切な保守点検を心がけて下さい・・・

危険と思える時は、まず専門会社にご相談を・・・

特に、きちんと事業をしている業者は、万が一の場合、損害賠償にも対応出来るようにされているので、業者を選ぶ場合、金額だけでなくそのような責任を持てる業者を選ぶことも大切です・・・