LED照明器具に関するご注意事項・・・

会社法人業務用につきましては、「生産性向上設備投資促進税制」と言う減税制度が適用されます・・・

しかし、この減税制度は会社が多額の利益を上げている会社でこそ活かせる減税制度です・・・

また、LED設備の減税条件には下記のような要件に適応出来る製品であることが必要です・・・

1、最新モデルの器具備品であること。
2、生産性向上(年平均1%)以上をメーカーが証明した器具備品。
3、最低取得価格以上(120万円以上、単品60万円以上、かつ合計120万円以上)

①②はメーカーが証明書を発行する。
③はLED設備工事一式120万円以上(税抜)

このような条件に適応出来る照明器具を選定する必要があります・・・

LED照明器具の価格につきましては、外国製のとても安い製品を進める業者も多数ありますが、様々な問題が発生しています・・・

比較的良心的な業者は照明器具の不良が発生した場合、器具だけは支給してくれますが、多くの場合、取り替え費用は自分たち自身が負担することになります・・・

時には販売した会社が倒産したり廃業したりして連絡さえつかない場合が多々あるようです・・・

減税を適用したいと考えてもメーカーとしての認定を受けていなくて証明書が受けられない場合は減税制度を利用することが出来ません・・・

多額の費用を投じる場合は、十分に検討し、信頼の置けるメーカーや業者を選定することが重要です・・・

価格の安さだけで選んで後で後悔しませんように、よくご注意が必要です・・・