国民年金保険料率の改定???なにこれ???

9月分から国民年金保険の料率UPです。毎年こんな馬鹿な表現をするなら、いっそのこと、値上げしますとはっきり言われた方が余程すっきりしますよねー。今までのデタラメ行政浪費のつけを我々国民に押し付けるようなことを平気でやりながら、片一方ではバラマキ行政を平気でするのですから、結果として、特に零細企業は経営者も従業員も共に苦しむことになります。
従業員に通知の徹底をして下さいとご丁寧な通知が来ていますが、社長として必死の思いで昇給したのに、従業員はまた、手取りの減収に唖然とするでしょう。保険料は毎月会社の口座から有無を言わさず引き落としをされますので会社としても抵抗のしようがありませんしねーーー(-。-)
行政が身を削らずに、こんなことばかり続くなら日本の企業はますます衰退の一途をたどることになりますね。
労働保険も大変な高額に、こんなに負担が大きくなっているのに、政府はまともに対策を考えようともせず、足りなければ取れば良い式の官僚の意のまま、法定福利費や労働保険の費用がこれほど高くなると正社員を増やしたくても、とても出来ない。
タイ国では、企業に対してほとんどが無税とのことで、世界中から企業が進出しているとのこと。
それに比べ、今の日本はいよいよ社会主義国になってしまったのかしら?