節電ポイント

誰が考えて政策にしてるのか、節電ポイント制度・・・

なんと間の抜けた考え方、ウクライナとロシアの戦争、円安、品物不足、コロナ、こんな事態で電力不足に電気代値上げの現実・・・

政治家と言うのはこんな時こそ強力な指導力、リーダーシップが求められるはず・・・

まるで水道からぽとり、ポトリと落とす水滴のような節電ポイント制度で電力不足問題が解決できると考えているのなら腦天気にもほどがありますよね・・・

こんな時は、国家非常事態と判断して、政治力で一時的にも国内の原発を稼働させるくらいの英断をするべきやと思いますな・・・

あれは反対これも反対、金をくれ、こんな国民に国家の危機なら危機だときちんと伝えてどちらを選ぶか国民に選択を迫る、それが政治家でしょう・・・

国政選挙とはそう言うものではないのかな・・・

動かしても危険、止めても危険な原発なら国家の緊急事態に期間を決めて稼働させて、電力を十分に供給し、まずは経済を安定させる、こんな決断力も見せず、小手先のごまかしで国民にゴマすりをするようではほんとの政治家と言えませんよね・・・

日銀で無尽蔵にお金を刷ればと考え、いつまでも一流国家だと勘違いして借金に胡坐をかく政治家達、選挙で給与を上げる公約をしてる野党のみなさんもしかり、どんな方法で実現させるのかきちんと原資の道理を説明出来ますか、自分で会社を経営した経験もないくせに口先だけは軽い、「言語明瞭意味不明」無責任な公約のオンパレード・・・

政治家の自分さえ当選すれば、この身勝手さが国民に伝染している日本、このままではどんどん日本は衰退の一途、日銀同様にゆでガエルの状態の日本、ほんとにこの国の将来、このままではやばいよね・・・

「出でよ渋沢栄一さん」国家国民を守ると言う気概があるなら、政治生命を掛けて政策を実施するくらいの根性は要るでしょう・・・おじさんのぼやき・・・