昇給の不合理さ

ほんとに税制のおかしさは如何ともし難い・・・

弊社も今月の給与から社員の昇給処置をさせてもらいましたが、問題は、等級によって、折角の昇給額のほぼ全てに近い金額が税金や法定福利費によって吸い取られて、昇給効果が無きに等しい社員も、折角努力してそれなりの昇給をしてもほんとに情けなくなります・・・

その分だけ会社の負担も増えるのですから、社員に心から喜んでもらえず、なにおかいわんや、自分で自分の首を絞めるとは・・・苦笑

逆に手取りが減る人もいるのでは、大手企業の労働組合の役員さん、こんな事態をどう思われているのでしょう・・・

本来はアラブのドバイのように、国民が頑張ったらそれを還元出来るようにするのが政治の役目・・・

「働けどはたらけど、我がくらし楽にならざりじっと手を見る」石川啄木の歌集に書かれている啄木の心情、時は過ぎ世界第三位の経済大国日本、令和の時代になってもこんな心境の国民がごまんといる、企業の経営者は社員や従業員の皆さんを幸せにすることを目指して努力をするのに、ただ税金を浪費するばかりの政治家は一体何を目指しているのか、金と権力だけか、ほんとに情けない・・・

おじさん経営者の心境・・・