ちまたに溢れる金と権力への欲望・・・

政治家を筆頭に金と権力に対する欲望の凄さ・・・

高齢者と言えど欲にまみれて詐欺に会う、金に対する欲望・・・

やはり人間が生きていく上で大半の人達が金に執着するのは人間のらしいとも言えるのかも知れない・・・

お金でなく時間が大切だと言う若者の生き方、これも自分の過去を考えれば理解も出来ます・・・

しかし、お金は遊んでいて天から降ってくるほど甘いものではない・・・

二十歳の青年が毎年歳を重ねるごとにお金の大切さ、必要性が嫌と言うほど身に染みて来ることになるのは現実的に時間の問題・・・

働き方改革などと政治家や行政の甘い言葉に乗らされ、気がつけばアリとキリギリスの童話が現実として自分の身に降りかかる・・・

目的として、そこには金儲けが・・・

みんな若さは続かない、いつか来た道、高齢者の金に対する執着にも困ったものだが、若者も高齢者を批判するだけでなく、いつかは自分もそのような歳になる時が必ず来ると言う悲しい現実もよく理解して、賢く生きて欲しいものです・・・

若者からよく聞く言葉ですが、「なになにをしてもらえない」そのように他人がしてくれるのが当たり前やというような考え方しか出来ない人は残念ながら、自分の夢を叶える事も将来の生活の安定も得られないのは当然の理です・・・

なになにしてもらえるようにするためにはどうすれば良いいのか、それくらいの事が考えられない、他人に大切な自分の人生を預ける生き方をしていては仏法で説かれている「雪山の寒苦鳥」・・・ネツトで意味を検索・・・笑

いずれは欲に目がくらみ高齢者詐欺に引っ掛かり泣いてる貴方や貴方なのかも知れませんね・・・

最近の政治家、役人の金と権力に執着する姿のみっともなさにはいかんともし難い思いを致します・・・

選挙も近づき、金をバラマキさえすれば国民を欺くことが出来ると思って政治をおもちゃにする政治家やそれに従う行政・・・

若い人はそれに毒されず、自分の人生を真剣に考え「明治の渋沢栄一」氏のように大きな夢を持って何事にもチャレンジをしながらしぶとく生き抜いて欲しいものです・・・

大切な事、人間が生きて行くには、目的だけでなく、生きるための目標が必要なのでしょうね・・・

おじさん経営者の想い・・・