どうも納得がいかない・・・

突然の小中高特別支援学校の休校要請・・・

私は技術屋なので、思うことですが、その前になぜ、マスクの確保、消毒液の確保、公的な場や、スーパー及び飲食、娯楽などの施設に殺菌対策の要望を行い、なぜ環境対策をしないのかと言う極基本的な疑問です・・・

海外では地域の消毒作業も実施していますが、日本の保健所は何も対策をせず、能天気ぶりを発揮するのみ、危機感、責任感さえ見えない・・・

学校を閉鎖して、自宅待機?、子供たちが家にじっと引きこもると考えるなら大間違いやろ・・・

社会のインフラは壊れてしまうことに???・・・

公的政治責任を単に国民に押し付けているとしか言えません・・・

休校の間に子供たちが様々な場所に赴き、様々な行動をするのは防ぎようが無いと思えます・・・

また、経済的に持ちこたえられない中小零細企業、労働者に対する保障は・・・

この国の政治家、国家の行政マンは何か考え方がずれていると思うのは、ただ私一人でしょうか???・・・

感染の危険性は逆に大きくなってしまう可能性も考えられます・・・

小金持ちで、家にいても良い人もいるのは確かですが、我々企業はビジネス契約を果たさなければ社員の生活も守れず存続出来ません・・・

自分さえ良ければと言う人間的にさもしい人たちには通じない思いかも知れませんが・・・

私の会社では、事務所に次亜塩殺菌装置、紫外線空気殺菌装置、マスク、消毒液スプレーなどの設置をして職場環境を整え、社員に手洗い、マスク着用、しっかり休養を取り、体力をつけるように指導もしています。

殺菌装置はかなり高額ですが、社員の感染を防ぐためには必要な事と判断して購入設置を致しました・・・

政府の対策は働き方改革も含めて、方針を数量で決めるだけで、中身は全て国民に丸投げ・・・

こんな程度の知恵しか活かせない無責任な議員、行政マンが溢れる日本ではあかんでしょう・・・

順序が逆、まず、公的環境対策をするのが物事の適切な順序だと思うのですが、どうでしょうかね・・・