ゆでガエルの日本人・・・

働き方改革と言う美名を使いながら、現実は非生産性の能天気な国会議員が働き方改革の法律を作り旗を振っている・・・

我々、民間人は少し法律的にルールを変えられただけで経営者も労働者も右往左往させられ、改革と言う名の基に厳しい働き方を迫られる現実がある・・・

「働き方改革」どんな美名を使おうが、人間はほんらい少し遊び心を持って働ける職場の居心地が一番良いと言える・・・

効率、効率と叫んでも、人それぞれの能力と時間にはおのずと限度がある・・・

トドのつまり、ノルマを達成する要求に応えられない状態になり、大手企業の人達は切羽詰まれば問題を全て下請け業者に丸投げすることを始める・・・

他の組織も一緒、随所にその現象が見えてきはじめました・・・

下請け業者も最初こそ仕事を頂けて有難いと思うが、当然キャパには限度がありますから、いずれ万歳をしなければいけなくなる・・・

「誰かがやらなければ物事は完結しない」机上で数字だけ決めれば全て上手くいくと考える非生産性のみなさんは自分達が考え作り上げたルール

を社会が上手く使わないと見たら、自分の作ったルールに従せるべく、スケープゴートらしきものを選んでマスゴミを利用して徹底的に標的を

攻撃し始めることになるのでは・・・

また、また、労働問題で淘汰される企業や多くの泣く人達が出るのは目に見えていますなー・・・悲しいー・・・

ゆでカエルの社会を目指す日本に中国やロシヤは不気味な影のように忍び寄り、情報も人材もさらっていきそうな現実、こんな世界の厳しい現実を知ってか知らずか、休め、残業させるな、昇給させろ、遊べ、副業して税金を払え、70歳まで働け、「同一労働同一賃金」・・・

これのどこが働き方改革なのかなー・・・???

70歳の高齢者も徹底的にこき使ってGDP600兆円達成は何のためなん???・・・

国民は与野党の政治家達の甘い言葉に踊らされてゆでガエル状態になりつつある、非生産性の最たる人たちに働き方改革などとおだてられて、

後で泣いてもしーらない・・・

さて、そういいながら私も踊らされて、社員、従業員の皆さんのために今年も年間休日を一日増やすことを決めました・・・

ゆでガエルの日本、あかんと思いながら(苦笑)(苦笑)(苦笑)「毒食わば皿まで」、残念ながら社会の流れに勝てない、誠に悲しいねー・・・

今の時代は法的規制のために「孤独のグルメ」ではなく孤独の経営者・・・笑、笑、笑