転職に思う事・・・

なんと求人紹介業者に惑わされる人達の多いいことか・・・

ある経営コンサルタントの掲載内容に同感を覚えました・・・

だれも今より良い条件を提示されたら、転職を考えてみるでしょう・・・

しかし、そうして転職してみたところ、職場の雰囲気に馴染めない、上司としっくりこない・・・

職務内容に希望とずれがあり、会社の方向性に共鳴出来ない、実際の収入が伴わないと言った様々なことに気がつき、悩むことに・・・

また、勤務地が遠隔地に・・・

年収を最優先して新天地を選択した場合、入社後によく起こるのはこうしたミスマッチング・・・

いくら入社時に高い収入を提示されても、入社後の働き方能力により、残念ながら結局は年収を落としてしまったと言う人達がとても多くいると聞きます・・・

「入社はゴールではない」「給与、年収は短期的ではなく、中長期的な観点から考えて試算するもの」・・・

採用した会社は高い求人紹介費用を業者に支払うのですから、能力を発揮出来ない者を優遇は出来ませんよね・・・

しっかりと自分の働きやすい職場、成果をしっかり出せると思える会社や職場を選択して欲しいものです・・・

私の孫も来春大学を卒業、大手企業に就職を致しますが、やはり落ち着いて仕事をしっかり覚えて欲しいものです・・・

自分の能力を発揮出来るのは、石の上にも3年、精一杯やってみてからのことです・・・

世の中、そんなに甘くはありません・・・

就職氷河期の卒業者にお涙頂戴の救済処置、おかしな考え方、私はその厳しい時代にも会社を成長させてきましたし、頑張る人は出世もしている

何でも弱者を救済すれば人道的と考える、政治家、有識者、マスコミ、ほんと世も末や、頑張った人が生き残るのが世の常・・・

わずかの人達を救済して、悦に入る人たちの気が知れません・・・

全ては自分自身の力を存分に発揮して逞しく生きる道を選ぶのがベスト・・・