こんな疑問が・・・

働き方改革、残業規制、5月の10連休、指定有給制度開始、消費税のUP、社会保険などのUP・・・

弊社が購入する機器類、資材も値上がりし始めた・・・

先日利用した運転代行の運転手さん50歳、お昼も会社員として働いている、家族のために頑張って夜も仕事をしているが、あまり休みが多くなると給与が減る、残業出来ないと給与が減ると不安を口に・・・(-_-)

あるタクシーの運転手さん70歳以上、年金をもらって働いているが、給与は15日くらい働いて手取りが8万円くらいやとぼやいてました・・・

大手、中小零細にかかわらず一生懸命がんばろうとしている人たちのほとんどは、なんでこんなに労働規制をされるのかわからんと不満を口にされる・・・

働かなくても食べられるなら休みが欲しいと・・・(-_-)

弊社は私の経営方針により、毎年就労条件、昇給など精一杯の改善をやり続けています・・・

だれしも豊かでゆとりの時間は欲しい・・・(^^)

働き方改革と言いながら、時間に縛られノルマを消化せざるを得ない労働者のみなさんに対する今の労働規制ではまるでロボットに仕事をさせるようなもの・・・

人間はロボットではないから自由意志がある、規制や強制は人間の本質からすればストレスの溜まる原因になる・・・

いくら社長と言えど、社員にルールを守らないとペナルティーを課すと、どれ程言っても素直に従わせることは至難の業・・・

みんなお客様の要望を受け、納期に支障をきたして自分のプライドや能力を傷つけたくないから、会社よりお客様を優先することになりがち・・・

あまり、きつく注意をしたら、嫌気を起こされて最悪は退職されることにも成りかねない・・・

昨年は働き方改革の声により、公共関係、民間大手企業は3月頃から仕事を一斉にスローダウンされたようです・・・

その結果、年度上期に中小民間企業は一気に仕事不足で悩まされた・・・

今年は、大手企業は事前に十分な対策をされているようですが、中小零細企業の大半はまだ対策どころではないようです・・・

結果として、心配するのは、財務的に厳しい会社、人材不足の会社さんの倒産増加・・・

人件費だけで営業している企業は人件費増、売り上げ減の大ダメージ・・・

さて、どうされるのでしょう・・・

例えば、天皇陛下の祝賀行事のために警護の警察官のみなさん、全国から東京に、家族のみなさんどうするのかしら・・・

新天皇陛下のご即位は私も国民の一人として大変嬉しいことですが・・・

10連休、誰が得して、誰が苦しむのか、何ごとも全ての国民に平等はあり得ないのですから、規制をするのもほどほどにしないと・・・(-_-)

今の時代はあらゆることが連携するのですから、日本人の国民性「働き方改革、赤信号みんなで渡れば怖くない」何事もやり過ぎはあかんでしょう・・・

こんな疑問を感じます・・・