96.93.86・・・

なんの数字でしょう・・・(-_-)

96歳、実は、今日お葬式を済ませた取引先の会社故会長さん、次は86歳、23日にお別れ会をする知人会社の故会長さん、93歳、31日にお別れ会をする取り引き先会社の故会長さん・・・

ほんとにお疲れさまでした・・・

永年経営者として頑張って来られた方々ばかり、96歳の方は死ぬまで現役すると元気に活躍されていました・・・

皆さん、若い頃は寝食を忘れ死に物狂いで働いてこられた方達ばかり、この方々のお陰で今の豊かな日本があると言っても過言ではありませんよね・・・(-_-)

気骨のある人達が次々とお亡くなりになり、日本は正にたがが緩んだ国になりつつあるようです・・・

4月1日から働き方改革とかの法令が実施されますが、過労死、???・・・亡くなられた先輩の皆さん方どう思われたのでしょうね・・・

これから残業規制、残業代が減り、生活に支障を来たす人たちも・・・

行政は単なる数量規制ばかりで、解決方法は責任は全て労働者と経営者に丸投げ・・・

景気が悪いから収入が減ったと野党さんは言い・・・仏法用語、まるで「雪山の寒苦鳥」の如し・・・

昔のことわざ、「働かざる者食うべからず」「なまけて働かない人は食べてはならない」うーん、誰が作ったことわざなのか知りませんが、昔の人達は厳しい生活をしていたのでしょうねー・・・

どんなに法令で規制をしても、国民全てが平等にはならないのですから、現状をよくみて少しずつ改善させてゆく柔軟な規制も大切なのでは、人間はロボットでは無いのですからもう少しゆっくりした変化を望みます・・・(-_-)

私は経営者として、法令を守る努力を続けていますが、10年後の日本に責任を持つのは大変至難な状態になりつつあるように思えて、今の40代、50代の人達の将来がとても気の毒に思えます・・・

精神的に緩み切った若者が次々と育ち、社会に出てくるのですから、そんな若者を使って仕事が出来るのかしら・・・

その時の管理職年齢の人達の気苦労を考えると可哀そうに思えて、今から不安な思いをしています・・・

廻りを見て見ると、どの会社も若者が楽をして、管理職や高齢者が苦労している姿はまともとは言えないでしょう・・・

私たちのように厳しい時代を過ごした人たちがいなくなる日本、私は孫の世代に責任を感じて、将来の人材を育てたいと四苦八苦している次第です・・・

残念ながら、今の政治家には国家100年の大計を持った人がいない、おじさんには本当に失望しかありません・・・(-_-)