10年先の目標・・・

今日は祭日・生憎朝から初雪に近い悪天候、しかし、10代、20代、30代の若手社員も元気に出勤してくれていて嬉しいです・・・(*^^*)

年長者はもちろんですが、若くても仲間を思い、お客様との約束を守る責任感を持っていてくれるのはとても心強いです・・・

やはり、人情のわかる人間は素晴らしい・・・!

昨日は、予定通り隣のスーパーでホッカを買って来て、自由に使って下さいと表示をしておきました・・・(^^)

また、どうすれば現場での寒さを少しでも和らげて仕事をしてもらえるかと、ネットで作業用の防寒着を調べてみましたが、色々温かい防寒作業着が開発されていることがわかりました・・・

早速ですが、休み明けに防寒インナーを注文したいと思います・・・(^^)

私たちは職業柄屋外での寒さは避けられませんから、少しでも寒さをしのげるようにしてあげたいと思います・・・(-_-)

さて、本題は10年先の目標???・・・

普通の人は多分、何言うてんね、そんなもんわかるはずがないやろ・・・(@_@)

そうですね、今の時代、3年先も読めないと思います・・・

通常大手企業の場合、3年から5年、いわゆる短期の経営計画掲げて事業に取り組みをする目標を成文化して内外に発表します・・・

多分、大手企業の場合、経営者は毎年の株主総会で業績を問われ、株主総会で承認をされないと役員はその日から経営者としての職責を失うことになるから、短期の計画を掲げざるを得ないのです・・・

しかし、小規模の会社の場合、世の中がどんなに早く変化をしようと、資力も人材も設備も信用力も技術力も組織力も不足している状態では

焦ってもどうにもなりません・・・

確かな方法、夢や目標を明確にして、10年先の達成を目指し、尺取虫の如く一段ずつステップアップしていけば良いのです・・・(-_-)

私が初めて車の運転免許を取った時の車は360ccのいわゆる軽自動車、須磨一の谷の坂を上る馬力が不足、先輩を坂の途中に待機させて

バックで加速して登り、途中に待たせていた先輩に押させる、(>_<)、必死の思いで上まで車を上げて仕事を致しました・・・(^^)

あれから数十年、素晴らしい技術力のお陰で、夢のような車を自由に使える時代になり、ついには電気自動車、空を飛ぶ車の時代に・・・

しかし、それが普通に思える環境の時代になるのはまだ10年以上掛かるだろうと思います・・・

あわてずに足元を固め、着実に取り組みをしていけば必ず夢や目標に近づけることが出来ます・・・

これはおじさん経営者の体験から言えることです・・・

間違いない・・・!(^^)!