会社は入ってみないとわからない・・・

会社は入社して働いてみないと、自分に取っていいのか悪いのかわからないものですね・・・

しかし、まず安心して働ける会社であって欲しいのは社員や従業員のみなさんからすると当たり前の条件・・・

今朝の朝礼で、入社3年目の若手男子社員が先輩社員や従業員の皆さんがとて優しいので、この会社に入社出来てほんとによかったですと挨拶をしてくれました・・・

自分が失敗して困った時にみんなが親身になって声をかけてくれたことがうれしかったようです・・・

挨拶を聞いて社長は少しこそばゆいような、ま、その言葉は素直に喜ぶべきかと・・・苦笑

常々一緒に働く仲間を大切にしようと言うことは言い続けていますが、それを実践してくれるならうれしいことです・・・

人は「桜梅桃李」それぞれに個性も能力も人間性も体力も違いますが、それぞれ違うから面白い組織が作れて、それを上手に活かせれば無理なく仕事が出来るものだろうと思います・・・

世の中がどんどんデジタル化していく中で、本来は人間として心豊かに生きるための経済なのに、金、金、金、欲、権力、このような物に心を支配されていく今の社会を見ていると、ほんとにこれで人間は幸せになるのだろうかと疑問に思える次第です・・・

やはり、人間に一番必要なことは、人のために役立ち、喜ぶ、お互いに協調し合い助け合う、人間同士の言葉を交わすコミニケーション、心の豊かさ、そういう人間社会であって欲しいものです・・・

コロナ感染問題で、泥棒が増え、殺人や傷害事件が増える昨今、また、貧困家庭の子供、もう一度政治家は国家、国民の幸せとは何か、自分はなんのために政治家になったのか、今だからこそもう一度しっかり考えて欲しいものですなー・・・力の無いオジサンはつくづく思う次第です・・・

今日は社員、従業員を通じて、ご家族の皆様にコロナ騒動で厳しい一年間、社員、従業員の皆さんを支えて頂き、無事に過ごして5月31日の決算日を無事に迎える事が出来る事に対してのお礼を伝えてもらいます・・・感謝合掌