少し将来を・・・

弊社の所属する業界全体的に若手技術者の不足が現実化してきました・・・

人々が快適に生活するためにも、また経済の生産性を上げるためにも電気と言うエネルギーを安全に利用することが必要です・・・

この度の台風15号による被害で、停電が続く千葉県の様子をみても、電気と言うインフラが壊れたらまともに日常生活を送ることさえ出来なくなるのです・・・

千葉県で停電が長引いているのは、工事に必要な技術者や作業者が不足しているためです・・・

電気が必要不可欠であることは一目瞭然、職業として健康である限り電気設備工事の仕事をする人に失業はありません・・・

今の時代において、子供たちが電気設備工事に興味を覚えても、親たちはもっと楽な仕事をさせようと致しますので、我々の業界に入職してくる若者がほんとうに少なくなりました・・・

お陰様で弊社にはそのように少ない高卒の人材が毎年のように入社してくれていますが、今は働き方改革などの社会的事情も大きく変わり、就業日数、労働時間の短い条件で教育研修し、プロとして働ける人材を育てることになります・・・

しかし、国の労働規制が厳しく、ほんとうに我々の後継者を育成するのがとても難しい時代になってきたとつくづく思う次第です・・・

教える側の先輩技術者も不足しており、いい人材に働いてもらうために、「同じ働くならこの会社で働きたい」そう言ってもらえる会社を目指して日々努力を続けています・・・

いつかは「この会社で働かせて下さい」と言われる経営者の夢を叶えるために・・・