コミニケーション・・・

世の中は、人間が人間のためにお互いが役立つ生き方をしてこその社会・・・

しかし、どうも我々の年代から思うに、今の50代も含め若い人たちは人付き合いがあまり上手くないの現実・・・

周りの人とあまり関りを持ちたがらないのはなぜなんでしょうかねー・・・

あまり責任を取りたがらない、はっきりこうしたい、こうなんですと言える自信が無いのでしょうか・・・

他人に対して無関心で無機質な人間が多くなってきたように思えます・・・

人間同士は言葉を交わしてこそお互いの気持ちも理解しあえる・・・

せめて、私の会社では私が元気な間に社員に仕事の責任の取り方も含めて大人の対応の仕方を教えておきたいと思いますが、なかなか難しいのが実情です・・・

若い人たちに知って欲しいことですが、自分の子供が成長して社会に出たら、誰かの下について仕事の仕方を学ぶことになるのですが、今、他人事のように思っていたら、自分の子供が将来他人の下で苦しむことになるのです・・・

世の中回り持ち、少しは自分の役割をよく考えてみて欲しいものです・・・

私も社長の立場で仕事をしていますが、万能の神でも聖徳太子でもなく、普通のおじさんです・・・

孫の世代が苦しい目に会わないようにと、人材を育成するように日々努力をしています・・・

いつまで元気で働けるかわかりませんが、体力気力の充実している元気な内に少しでも人材を育てたいと四苦八苦の日々です・・・

お互いにいつかは歳を取り、いつかは役割を交代する時がきます・・・

若く能力の高い人は骨身を惜しまず、小さな損得ではなく、少し将来の社会のために頑張るように心がけて欲しいものです・・・

「後悔先に立たず」良い人材を育てたい、これが今の正直な思いです・・・