少し見守ることは出来ないものなのか・・・

相撲界のごたごた・・・

あまりにも周囲のマスコミを始めとして、芸能人、元知事、好き勝手に人を批判し過ぎますよね・・・

20歳と言えばまだ今の時代では子供のようなもの・・・

批判ばかりしか出来ない人達を見ていると、ほんとにみっともない汚い人間性丸出し・・・

若い時は誰にでも少しの行き過ぎはあるものです・・・

なぜ、おおらかに永い目で見守ることが出来ないのかと日本人としての精神を疑いたくなります・・・(-_-)

マスコミは誰が言った、どうしたと、口を開けば聖人君子のような言葉を並べる批判者を煽る、自分達も沢山の間違いを犯してきてるはずなのに・・・

貴の花親方の態度もあまり好ましいものではないと思ってはいましたが、自分が火の粉を被る決心をしたのはよくよく考えて悩んだ末のことかと思います・・・

多くの人達は格闘技の世界に生きる人間の本質をほんとうに理解出来てもいないはず・・・

この世界で生きるには強いと言うことが大前提で、気性が荒くなければ続けられない世界に生きる人たち・・・

私にはとてもではないが、相撲の世界では生きられません・・・(>_<) 人の心は非常に弱くて瞬時に変化をしやすい、それがあるべき人間の命・・・ 悩み苦しむと言うことが少しでも理解できるなら、大騒ぎせず事態の推移を見守る度量が欲しいと思う次第です・・・ 今回は弟子の起こした出来事で、悩み苦しんだと思います・・・ 貴の花、横綱として一世一代を風靡し、我々国民を楽しませてくれた時もあったはず、困った人間を叩いて金儲けするやからのような人間性は持ちたくないものです・・・(-_-) 落ち着いた相撲界になるよう、楽しませてくれる相撲であって欲しいと思う次第です・・・ 大横綱であったとしても人間的には若いため、周囲が見えなくなっていたようです・・・ 若気の至りという大きな体験は貴乃花親方の将来に大きな成長のかてになることでしょう・・・ 気づき反省した若い人に対し、マスコミも有識者も、もう少し大きな視点で応援するくらいの対応があってもよさそうに思えます・・・(-_-) 私は最近のマスコミの報道や芸能人が人を批判する風習が大嫌いです・・・ 金儲け主義、まるで天に唾するように見えます・・・ 日本の人口100年後には6000万人になる国・・・ もう少し前向きに明るい国造りが出来る賢いマスコミに変って欲しいものです・・・