人の度量の大きさ・・・

どのような世界でも一緒でしょうが、自分の力を過信し、人に暴言を吐く人が見受けられます・・・

振り返って見れば、自分自身も若気の至りと言うべきか、勢いに任せてひどい言葉を浴びせたこともありました・・・

そこまで言わなくてもと、我に返って冷静になった時、ほんとに後悔をしたものでした・・・

若い時は感情に走るのはだれしもあることですが、今の年齢になって初めてそこまで言わなくてもよかったのになーとしみじみ思いだすことがあります・・・

ことわざ「後悔先に立たず」とはよく言ったものですね・・・

少し仕事が出来るようになりますと、天下を取ったような気になり、周りの人たちが自分より劣っていると錯覚をするのですね・・・

今の私から社員や従業員の皆さんに知って欲しいことは、「厳しさと優しさ」は違うと言うこと・・・

時には厳しさを教えることが、将来の優しさに変わることを知って欲しいと思います・・・

社会人として、ビジネス、お金儲けをするためには基本的なルールを身に付けないとうまくいきません・・・

昔と違い、今の時代は人を馬鹿にした怒りは人を傷つけ、怨みを買うことになります・・・

自分が人間的に成長すると人は自然に従ってきます・・・

自分の反省を込めて、人を感情的に怒るのは、危険が迫っている時の注意のために怒鳴るくらいにしておきたいものです・・・