しかし、なんともったいない・・・

マスコミ報道によれば、新卒社員の30%が早くも退職や転職をする軽いノリは何なんやろねー・・・

新卒者は、これから少なくとも50年は働かないと満足に生活出来ない時代にあきれる思いが致しますね・・・
私は入社後最低でも3年間は精一杯努力して仕事を続けることを勧めたいですね・・・

お金儲けはそんなに簡単に出来るものではありません・・・

仕事を続けるように勧める理由は、目先のお金ではなく、信用を、人脈を作るためです・・・

自分が在職している間に、周囲の人、上司、または社長と人付き合いを目的にすることが、人脈となり、将来の自分に取ってどれ程の財産になるか図り知れないものがあるのです・・・

一番まずい退職の仕方は、もめ事を起こして、二度とその会社の人達と縁が切れることです・・・

50年先の将来のためには、良い人脈を築くことが非常に大切なことなのです・・・

それを簡単にこんな会社やめたらーなんて短気を起こし、退職する,
もしくは、迷惑を掛けて転職をすると、大切な自分の生きた時間を無意味なものに、無価値なものにしてしまうのです・・・

お金儲け、良い人生を送るために必要な基本的条件は信用、信頼を得ることです・・・

信用と信頼を得ることが出来れば、お金儲けはそんなに難しいものではありません・・・

社会人になり、何が一番大変なことかと言えば、信用と信頼を得ることです・・・

それがわからないうちは退職や転職を考える価値はないと思います・・・

私は良い人脈を作るために心血を注いだものです・・・

お陰様で、私に取って今は最高の状態です・・・

最近の労務行政は、若い人材を育てるのでなく、怠けることを奨励する方向にあるようで、
また失われた平成の20年間を上積する愚かな政策に思えてなりません・・・

おじさんの心配で済めばよいのですが・・・