経済ジャーナリストのアホな一言

有森 隆 氏なるジャーナリストのアホな記事が載っていました・・・

身勝手過ぎる論理と言うテーマーで・・・

東電が管理職に一律10万円の夏季一時金を支給したことに関し、まともな管理職なら国民に迷惑を掛けていることを思えば、一時金なんかもらえませんと辞退しますと言わなければいけない・・・

しかも、退職する管理職は給料の問題よりもこうした東電の体質に嫌気がさして去っているのではないか・・・だって・・・

ほんとどうしょうもない能天気なジャーナリストだと思いますね・・・

私は零細企業の経営者ですが、思うに、東電の管理職と言えど、家族を養っていく義務と責任がある・・・とんでもないことは起きたが、その家族に責任はない・・・

あんたが東電の管理職の家族を養う気概と責任を持てるなら好きなことを言ってもよろしい・・・
そうでないなら、人の尻馬に乗って無責任な内容の記事を書いて金儲けをするなと言いたい・・・

最近、久しぶりに関西電力さんの営業所に行く機会があったが、行ってビックリ・・・天井の照明はカバーをはずし、蛍光灯の球は間引きし、まるで現場の仮設事務所見たいな状態に・・・

これではいくらなんでも従業員の働くモチベーションは上がるはずがない・・・

国民の皆さんはどれほど理解できるか知りませんが、電力をきちんとコントロールして停電を起こさず供給することが技術的にどれほど大変なことか・・・

まともな技術者がいなくなれば大変な事態になるのです・・・

零細企業の経営者と言えど、従業員の待遇改善に精一杯努力をしていますが、夢も希望も持てない職場でまともに働けるはずがないからです・・・

世の中に、無償奉仕を好んで出来る人たちがどれほどいると思っているのか知らないが、他人事ながら、人の不幸をたたく奴には虫唾が走る思いが致します・・・

ついでに一言、10万円もらって税金を引かれたら手取りはいくらになるか知ってるのか・・・

もうひとつ、皆さんに誤解されたくないから・・・弊社は関西電力から仕事を一切もらっていません・・・