人間的にみっともない指導者・・・

私も戦後に生まれた人間です・・・

成人になり、なぜ日本は国民の生活を顧みず、近隣諸国に援助を繰り返すのか不思議に思い、時には腹立たしい思いを持つこともありました・・・

それが戦争への賠償だと知ったのは政治に興味を持ちだした30代になってからです・・・

以来、今日まで延々と賠償を続け、近隣諸国の成長発展に寄与してきたと思っています・・・

未だに中国に対して、私のつたない知識では、ODAで毎年300億円位の援助を続けているはず・・・

しかし、成長した相手は、恩も何も感じず、もっと賠償をしろ、金をよこせ、領土をよこせと・・・

近隣諸国の国民も我が国の国民も同じ戦後の人間であり、直接戦った者同士でなく、過去の指導者同士の誤った考え方で同じように被害を受けた人たちの子孫・・・

指導者は、人類の明るい未来を目指して共に切磋琢磨し、自国の国民や人類をリードすべき人間であるべき・・・

過去の過ちをほじくり返してうらみつらみを呪わしい言葉で繰り返して、国民に他国への怨念を植え付けることで自分の地位を維持しようとするなら指導者と言う立場に立つ資格はないと言える・・・

自分たち自身がいまだに、自国内で国民に残虐な行為をしたり、他国に派兵し、いわゆる日本が戦時中に間違った行為をしたと言い続けている以上に残虐な行為をしておきながら、天につばするような言葉を世界に発言して恥ずかしくないのかと不思議な思いが致します・・・

少なくとも、私がこの世に生を受けて60年以上、この日本と言う国は世界でも一番平和を愛して頑張っていると自信を持って言うことが出来ます・・・

人類の未来を考えず、他国を誹謗し、武力に訴える、人間的にせこい指導者はほんとに最低ですね・・・

お互いに人間同士として、いいお付き合いが出来るように指導者は心して欲しいものです・・・