思わず唖然とする出来事も

人には弱り目に祟り目と言う思いをする場合が多々あります・・・

社員の病気、母の死・・・このような状態が続くといかに神経の太い人間でも精神的に疲れます・・・

このような場合に時として、管理上の問題が発生するもので、常に注意をしながらふっと常日頃の当然のことをし忘れてしまう・・・
まかしていながら、まかすことの出来ないこともあり、それが時としてとんでもない事態を引き起こすものですーー:

普通の経営者であれば従業員の家族も含めてその生活を心配し、幸せを願うものです・・・

でも、時として、その従業員が思わぬ勘違いをすることもあり、思わず唖然とする事態を引き起こすことに・・・オーマイガッ・・・笑えません・・
全ては経営者の責任・・・
日々努力を継続する最中、時として思わぬことが発生するのが人生かも・・・

会社の経営においては全ては社長の責任・・・
自分の指導力、社員採用の責任・・・

常に上を向いて精一杯努力を続けていますが、なぜこんなことがと絶句することも度々ありました・・・

ほんとに辛いことも、思い直しては、また頑張るしかありません・・・

それが世の中であり、自分の人生ですから・・・

自分自身がとても弱い人間であることを十分に知っていますが、私は性格的に前を向いて生きることしか出来ません・・・

でもいつかはと言う想いを抱き続けて頑張るのみ・・・

上に立つ立場の人間として絶対にギブアップは出来ないのです・・・

人の役に立つ限り・・・