技術開発の面白さ

歴史を振り返って見ますと、今私達が快適に生活することが出来るようになったのは、非常に多くの失敗と多大な犠牲を乗り越えて継続する挑戦の成果だと思えます。
少し偉そうな言い方カナー・・・^^

ところで、技術を発明もしくは開発するためにはアイディアが必要になります。
面白いアイディアは面白い発明に・・・または改善に繋がります^^
多くの人々を喜ばせる、楽しませる、快適に、便利に、安全に、沢山のキーワードがありますが、そのために必要な努力と情熱、熱意、執念・・・これが技術者としての面白さを満足させてくれます。

「情熱・熱意・執念」この言葉は日本の有名な企業の社長の言葉だったかしら・・・^^
実は今、エアーコンプレッサーの電力を削減するシステムの開発をしていますが、この度省電力システムの特許審査を受けることになりました・・

約2年掛けて取り組みをして来ましたが、特許庁での事前審査結果では
特許性有の報告をいただいていますので、内心は絶対特許を取得出来ると思っています・・・^^

当初、このアイディアを専門学校の先生やお取引先の技術者の方に相談致しましたら、社長、 「そんなあほなことは無理ですよ」
「貴方はエネルギー保存の法則を知ってるの」とにべもない返事でした。

しかし、私は自分のアイディアに絶対の自信を持っていましたので、試作を行い実験を繰り返してみたところ、省エネ効果を確信できるデーターが取れたのです・・・^^

もちろん専門学校の教授にも結果をご説明し、ご指導をいただくことが出来ました。

今はこの審査請求を待つばかりですが、自分のアイディアを世の中に認められ活かすことが出来るならほんとにうれしい限りです。

技術者としての喜びを味わうことが出来るのですから・・・^^